すきなんですもの。

小さな家と庭。育児しながら楽しむわが家。

母子手帳をもらいました

こんにちは。

前回こっそり第二子妊娠をこちらで報告したわけですが、本日母子手帳をもらってきました。

 

 

f:id:switch530330:20181108133241j:image

 

マタニティマークが息子の時代の時よりちょっと可愛くなっているような…?

 

今週の月曜日に病院行って、

次回の診察までに母子手帳をもらってきてねと言われてすごい興奮しました。

 

流産した時は心拍確認できても

全然、母子手帳の話も出ないまま3回、4回診察したけど、今回2回目の診察で心拍もしっかり確認できて、現在7週。

予定日は今のところ6月24日だそうです。

 

なんと、我が兄の奥さん(義姉さん)も妊娠中でしかも4月予定で、がっつり同級生になります…笑

うちの親は2人孫が増えますよ。

賑やかいです。計8人!

 

 

今回も大したつわりもなく元気です。

たまにお腹空いてると気持ち悪くなるから

(寝起きとか)それがつわりかな?とか。

 

まだまだこれからですけどね。

どうなることやら。

 

絶賛いやいや期発動中・病院の話

息子2歳3ヶ月。

絶賛いやいや期発動中…

 

毎日毎日戦いです。

私自身に余裕があればヒラリとかわせる内容も、積み重なればイライラも溜まります。。

心に余裕を持たねばならぬ。

 

わかってる…

わかってるんだけど…

 

 

平日実家に息子を預けてパートに出ると、

少し心に余裕ができます。

やっぱり1人の時間は大事だ。

 

子育て大変だからって専業主婦になりたい時期もあったけど、たぶんなってたらもっと辛かったと思う。

 

少しでも自由になるお金と時間と。。

それと心に余裕。

 

それがあるだけで全然違う。

 

 

今日息子を実家に迎えに行ったら母がグッタリしてました笑

 

色んなとこにシールを貼りまくり、パズルを散らかし、隙間にカードをさし、

おもちゃを出すだけ出して遊ばず、気づけば裸足で庭に飛び出し…

 

 

お母さん…これが我が息子(2)です。。

苦労かけます。

 

 

英語がすきで歌もダンスもおしゃべりも得意で、ウルトラマンとライダーを愛する息子。

 

それは良い一面で、

うちの子成長したよ!聞いて聞いて!と、

アピールしたい部分なんだけど

イヤイヤの悪い部分ももちろん息子の一部で

その悪い一面も息子として受け入れていかなければならないんだなと。

 

当たり前のことですけど。

 

ずっと続くわけじゃないし。

(たぶん?)

 

他の人の子育てと比べて自分の子育てはうまくいってるのか?ってのは常に心の中にあって、

買い物行った先で大人しくしていられる同年代の子供のママとか尊敬するけど、比べてもしょうがない。

すっぴんでくたびれた服の時に、メイクバッチリでネイルも素敵なオシャレママとかも眩しすぎて辛くなるけど比べてもしょうがない。

 

 

今の息子も自分も大事な時期だと思うから、

今しかない事だからと楽しむしかないよな…と、改めて思うわけです。

楽しんだが勝ち!だぞ!自分!

 

 

 

 

さて、病院の話。

 

なんとまたしても妊娠検査薬陽性判定出たんです。

と、言うことで病院へ。

 

無事妊娠確定いただきました。

流産からさほど開かずにまた妊娠できてよかったと思います。

おかえりー!

 

ただ最終の生理から考えて7週か8週かな?と思って病院行ったら4.5週くらいかな?と言われて、なんか不思議な感じです。

排卵が遅れたのかな?と言われたけど、

よくある事なのかな?

前回の流産の時は成長が遅いと言われたから、なんだかそれを思い出してしまいます。

無事に育ってくれますように…

 

あと、息子の時って手足が熱くて冷え性治ったくらいなのに、最近めちゃくちゃ冷えるんですよね。

何?この違い…?

 

ホントに大丈夫??

 

 

わからないこともいっぱいあるけど、

とりあえず安定期に入るまで今まで以上に体調に気をつけていかねば!

 

 

 

 

 

息子2歳2ヶ月(ヒーローとWWKと)

ゆるゆると記録を。

 

息子2歳2ヶ月。

ずいぶんしゃべります。

やりたい事が大体わかるので大変助かる。

ちゃんと文章になってきたのでそれもあるかな?

ここまでくると完全に話し相手です。

楽しい。楽しい。

 

おとうさんとー、おかあさんとー、(息子名)くんとー、いっしょ!

 

これをよく言うんですが大変可愛らしい。

でも、お父さん仕事中でいない時とかにも言うから寂しいのではないか…?と思ったり。

 

あとは引き続き英語スキーです。

アルファベットを完全マスターしているので、

アルファベットソングはよく歌っています。

 

もともと春からこどもちゃれんじと

こどもちゃれんじイングリッシュをやっていたのですが、

電話勧誘で同じくベネッセの

ワールドワイドキッズ(WWK)

の紹介をされて

資料とお試しDVDを見てみたところ、

食いつきが半端なく、まんまと(?)始めてしまったWWK。

 

もちろんもともとやってた方は解約しました…

我が家にそんな余裕はない…

 

全部で6ステージあって1年かけて2ヶ月に1回届くのですが(最終目標はネイティブのお友達と話せるくらいらしい)

正直お高い。。

一括払いで20万くらいは流石に辛いので

6回払いでその都度払うシステムにしました。

 

都度払いなので途中解約したい時もしやすいし。(今のところその気配は全くない)

それでも厳しい時はお届けの間隔をあけても良さそうだけど、息子の食いつきが良すぎるので

それはできないな。

母は頑張って働くよ…

 

ひぁゆーあー

てんきゅー

わん、つー、すりー

 

とか、さっそく覚えて使っていますよ。

届いたおもちゃもお気に入りです。

 

 

f:id:switch530330:20180927100542j:image

f:id:switch530330:20180927100550j:image

これはツイッターでも載せたのですが、

食器やフォークなどを赤ちゃん用から子ども用にしました。

EDISONフォーク以外は100均で。

 

あとは水筒が欲しいかな?

 

マグでまだお茶飲んでいますが(お出かけ時)

ストロー噛んでそろそろ買い換えなきゃと思っているので、この際水筒にしようかな?と。

プラタイプか保冷タイプか…まずはそこからですけど色々探してみようと思います。

 

 

あとは、今ヒーローブームです。

ライダーとウルトラマン

 

ちょうど今放送されてるシリーズが面白くて…

旦那も私も好きなので毎週楽しみにしております。

子供の記憶力ってすごいもので

過去作のライダー名を一通り言えたり、

親が区別つかないウルトラマンを答えられたり。

友達の息子が新幹線とか電車とか大好きでめちゃくちゃ詳しいようにうちの子はヒーローなのだな 笑

それはそれで良いじゃないの。

 

 

息子は今日も元気です。

(今風邪ひいてるけど)

 

 

 

 

では、この辺で。

 

 

息子(2)の毎日。

また、ずいぶんと空いてしまいましたが…

ついに息子が2歳になりました。

 

 

わー!!パチパチ!!

 

7月21日生まれの息子。

その日はちょうど土曜日だったので、

その日に合わせて家族3人はじめてのお泊り旅に行ったんですよ!

 

場所は静岡。

二泊三日で色々と行きましたよ。

 

初日は富士花鳥園、白糸の滝、時之栖でホテルを予約していて、そこで金魚の展示を見たり。

 

花鳥園はフクロウが充実してて楽しかったです。鷹も黒鳥もエミューもかっこよかった!

掛川花鳥園も行ったことあるけど個人的には富士派です。(←心底どうでもいい)

 

2日目は三島スカイウォーク、三嶋神社、

富士サファリパーク。

暑かったのでサファリパークは午後から行けばいっか〜って考えで行きましたけど、朝からがっつり行けば良かったと後悔。

リベンジを誓いました。面白いです。

あと、行くなら絶対バスはおススメ!

高いけど…乗る価値ありです!!

 

サファリパークの帰り道、物凄い霧の中の急激な下り坂(山道)で横転している車を見かけてガタブル…

そしてホテルで息子が夜中に覚醒したのも今となっては良い(?)思い出…

 

f:id:switch530330:20180810231849j:image f:id:switch530330:20180810221214j:image

自然と動物多目の旅。

 

 

3日目は大井川鉄道のトーマス号を横目に目的地は寸又峡。(予約してないし、そもそも息子が食いついてない)

あ、でも遠くにジェームス号は見たよ!

 

世界の(歩いて渡れる?)吊り橋10選に選ばれた【夢の吊り橋】へ。

炎天下の中かなり歩き、吊り橋後もかなり歩き…熱中症になりました…私。

皆さんマジでこの暑さには気をつけて…

頭痛、目眩、吐き気…辛かった。

 

 

…でも美しかったです。

f:id:switch530330:20180810221257j:image

人生で1度は来てもいい。

……2度目は…考える。笑

 

 

 

 

 

 

誕生日にそんなこんなありまして

息子(2)です。

 

 

最近は「何歳ですか〜?」って聞くと、

「2しゃいです☆」とやってくれたりします。

でもピースが出来なくて、いつも親指と人差し指になるのです…笑

 

あとは相変わらずライダー好きなんですが、

最近ウルトラマンに目覚めまして…

もはや毎日色んなものに変身してます。

そのせいかアンパンマンは前ほどじゃなくなってきたかな?

それよりはヒーローのが好きみたいです。

アンパンマンもヒーローだけど…)

 

 

毎日色んな言葉を覚えるので、だいぶ会話ができるようになってきました。

自己主張が強く、嫌なものは嫌〜!ってなってきていわゆるイヤイヤ期なんだなぁって感じです。

 

でも、嫌!とかやだー!じゃなく、

「違う!違うよ〜!」なので、なんか面白い。

 

大嫌いなシャンプーではいつも、

「違う〜!!」と叫びながら泣いています…笑

大変だけど、母は大雑把で容赦ないので普通にシャワーかけてます。

息子よ、強くなれ…!

 

 

今はウルトラマンとシールとお絵かきが好きです。あとは英語と歌とダンス。

それといつの間にかでんぐり返しをマスターしてました…これはびっくり。

あとはiPadで子ども向けアプリとかはスイスイやってます。現代っ子だなぁ。

 

そしてついに階段とこにあるベビーガードを乗り越えるようになってしまいました。

なので、ちょっと二階行ってくるから待ってて〜が通用しなくなってしまいました…

早急に対策を考えていかないとヤバイです。

どうしたものか…

 

他には、以前よりは歯磨きしてくれるようになりましたが、遊び食べが増えました…

一進一退です。。

 

やりたい事が多すぎるんだろうな。

気が散ってるんだと思う。

 

誕生日の一週間前に親類の結婚式にお呼ばれしたのですが、その時は頑張ってじっとしてた方だけど、飽きちゃった時は大変でした。

ずっと抱っこしてたせいで翌日筋肉痛になりましたよ笑

 

 

 

最近では私の口ぐせを覚えてしまっていて、

「あのー」「なんかー」とか色々言ってます。

で、旅行中レジで後ろで会計並んでるお兄さんに「あのー」って急に話しかけてたりしました…笑

お兄さんがいい人でよかった。。

普通に相手してくれてありがたかったです…。

 

2歳になってだいぶ赤ちゃんが子供になりましたね。

ホント、毎日飽きない。

おしゃべりが出来て、話が通じて、会話になるってだいぶ楽なんだなぁ。

 

 

 

今週の話 (結末)

続きです。

今回で終わりです。

 

 

 

 

 

 

慌てて病院に電話しました。

 

「そちらに通ってて、

先日流産の診断をされた者です。

明日、手術の予定なんですが、

今塊が出ました!」

 

ちゃんとした日本語になってるかわからない様な電話になってしまいましたが看護師さんには伝わった様です。

 

「具合悪くなったりしていませんか?

血の量はどうですか?

大丈夫そうなら無理して今すぐじゃなくても、明日の朝イチで来院してもらってもいいですよ。

もちろん家にいる間に具合悪くなったらすぐ連絡してください。」

 

ちょうど電話した頃は夜7時くらいで、

旦那はこれから夜勤だし、息子連れて出るのも大変だし…ってことで

「じゃあ明日にします」

と、即答。

 

 

 

「ちなみに塊はありますか?

もしある様ならラップに包んでビニール袋に入れて明日持ってきてください」

 

「え、ラップですか?

あのサランラップですよね??

は、はいわかりました!」

 

 

…と、言うことで電話を切ると、

旦那が震える声で大丈夫?病院どうする??

と聞いてきたので、

 

大丈夫みたい。明日行くよ。

 

と、内容を伝えると

 

「よかった〜〜…心配したよ〜…

見てよ…この鳥肌…心配しすぎて鳥肌たった…」

と言いながらボツボツの腕を見せてきました。

 

 

全力で心配をしてくれる旦那にほっこりしつつ、ナプキンで包んであった塊をラップに包んでジップロックの袋に入れました。

 

なんとなくそのままにできなくて肌触りのいいピンクの花柄のハンカチで包みました。

 

少しでも葬いになればいいなぁという気持ちで。

 

その後もう一度8時半頃に同じくらいの塊が出て同じように包んで冷蔵庫へ。

 

夏の暑い夜そのまま外に出しておくのもね…

 

その日はゆっくりお風呂に入って寝ました。

不思議とお腹の痛みもなく、出血量も減っていました。

 

 

 

 

翌日。

 

基礎体温は36.39

 

あー…リセットしたね。

うん。納得。

 

 

朝イチから来てくださいって言われたので

8時半頃に母が迎えに来てくれました。

 

 

病院に着いてしばらく…

 

診察室に呼ばれて昨日出た塊を渡しました。

夕方からのお腹の痛みから2回目に出た塊の話まで一通り話をして診察台へ。

 

「エコーで見る限りもう残っていないので今日予定してた手術はありません。

まだ出血はあると思いますが、生理だと思ってもらえればいいです。

子宮の戻りを確認したいのでまた2週間後に来てください。

 

また来月生理がきた後にまた次の妊娠を考えても大丈夫です。」

 

 

思っていたよりポジティブで良い話が聞けました。

きっと手術していたらこんなに早く復活はできない気がします。

 

ここで火曜日に看護師さんに言われた

「母体にとって自然に出たほうが負担が少ないよ」って言葉を思い出しました。

 

 

きっとチビちゃんが気を利かせてくれたんだと

ポジティブに考えてまた帰ってきてくれるのを待ちます。

 

今回は妊娠がわかってから流産まで

まさに天国から地獄で

辛い思いもしましたが、

きっとまた帰ってきてくれる!と信じて、

いつでも帰ってこれる様に体作りしていこうと思います。

 

 

ここまで長々と書きましたが、

読んでくださってありがとうございました。

 

 

 

 

今週の話 (急展開)

前回の続きです。

 

 

 

看護師さんの話が終わって息子を迎えに行きました。

母には会計待ちの時には連絡を入れていたので話は伝わっていて、残念だったねと声をかけてくれました。

 

金曜日に母に病院に送ってもらう約束をして帰宅。

 

 

 

しばらくしたらその日夜勤の旦那が起きてきたので話をしました。

 

「あのね、落ち着いて聞いてね…」

 

なんと話し出したらいいのかわからなくて、

なんだか冗談みたいな言い方になってしまったけれど、旦那は真剣に聞いてくれました。

 

 

やっぱりその時も私は冷静で、

仕事中の出血から看護師さんの話まで一通り話しました。

 

「そっか…残念だったね…」

 

旦那がそう言ってくれたので、

 

私は「今はチビちゃんはまだその時じゃないって帰っちゃったけど、きっとすぐ戻って来るよ」っていう話をしました。

メソメソしないように。前を向ける様に。

 

 

その時、

 

 

「いつでも帰っておいで。待ってるよ」

 

 

そう言いながら旦那が私のお腹を撫でてくれました。

はじめて涙が出ました。

 

今回は残念だったけど、きっと大丈夫。

すぐ会えるよ。

みんな待ってるからね。

 

 

 

その後は職場に連絡して、残りは安静に。

血も多く出てお腹も痛くて何もしたくない。。

お風呂もそこそこにその日は9時前に布団に入って寝てしまいました。

 

 

 

翌日。

 

天気も悪いし体はだるい。

基礎体温は36.66

息子には悪いけど今日は家でゆっくりさせてね…と後はゴロゴロ。

極力動かない様にしていたからか血も多くなくて特に問題なく済みました。

 

 

 

 

 

さらに翌日、木曜日。

 

 

体温は相変わらずで36.64

 

この日は午前中から3時頃まで息子と仮面ライダーを観つつ(今はフォーゼにハマり中の息子)

 

その後は野暮用で実家へ。

1時間半ほど居たのですがその辺りからなんだか調子が悪い。

血がダバダバ出ている感じと、生理痛の酷い様な痛み。

 

こんなとこでやばいな…

まだ買い物行かなくちゃなんないのにな…

変な汗をかきつつ、

用事を済ませてさっさと帰宅。

 

 

出かけついでにお弁当も買っておいたので、

帰宅後はソファでじっとしていました。

ズキズキズキズキ…

 

人生で1番痛い経験は陣痛でしたが、

そこまでではないにしろ普段の腹痛よりずっとずっと痛い…

下っ腹の右から左から、ぎゅーぎゅー押されている様な感覚。。

 

 

これってある意味陣痛だよね。

きっと体が赤ちゃん出そうとしてる…

痛みにもかなり波がある感じです。

 

 

心配する旦那を横目に、

落ち着いてきた時にかきこむ様にお弁当を食べました。

 

 

食後しばらくして寛いでいると、

尿意や出血とはまた別の感触を股に感じました。

 

にゅーーっ、どぅるん。

 

 

 

‼︎‼︎‼︎‼︎⁈

 

 

 

 

え…?え…⁈

今のまさか…

 

 

慌ててトイレに駆け込みました。

 

そして、何を血迷ったか下着を脱いで便座に座ってしまいました…

 

 

ポチャン…

 

 

‼︎‼︎‼︎‼︎

 

やってしまった…

 

……2〜3cmの黒っぽい塊が水の中に沈んでいきます。。

 

慌てて旦那の名前を叫び、

「で、で、出たけど落ちたーー‼︎」

 

 

「え?えーっ‼︎⁈」

 

2人で大騒ぎ。

 

私は慌てて新しいナプキンを出してくると

トイレの中に落ちた塊を拾い上げました。

 

 

「えっと…えっと、どうしようか…!」

 

「え、俺仕事休んだ方がいい?

病院行くよね⁈」

 

 

「「と、とりあえず、電話‼︎」」

 

 

 

 

そんなこんなで、慌てて病院に電話しました。

 

 

 

 

長いので続く…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週の話 (事の始まり)

なんて書き出したらいいか。。。

 

 

まずは最初に結論から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

流産が確定しました。

 

火曜日の話です。

 

 

 

それを踏まえて今回の出来事を記録しておきたいので長いですが書いていきます。

 

 

 

 

 

 

火曜日の朝。

 

毎朝の習慣になっている基礎体温を測るところから全てが始まった気がします。

 

前回書きましたが、

まだ茶おりが続いている中で、その日の体温が36.67 でした。

 

その前日までは誤差こそあれど36.88とか36.94とか高温期の状態が1カ月以上続いており、

アレ?と思った記憶があります。

 

でもあまり知識がないので、確か妊娠中って最後まで高温期じゃなかったよね?

そろそろ落ち着いてきたのかな?ぐらいの感覚でした。

 

 

 

その日は仕事で約6時間立ちっぱなしになるのでしっかりおりものシートをセットしておきました。

前日もちょっとずつだけどまだ茶おりが出ていたからです。

でも夜は横になっているからかあまり付いてなくて茶おりも落ち着いた?くらいに思っていました。

 

仕事に行ってしばらく…

実際そうなのか、気持ちの問題か。

だるいような、お腹痛いような…なんだか変な感じに。

私は1人目の時にはつわりはなくすごく元気な妊娠生活だったので、このだるさ・気持ち悪さはつわりなのかな?と思いつつ、仕事をしました。

(ちなみにまだ職場では店長しか妊娠を知りません。なので他のスタッフに色々悟られたくないな…というか気持ちもあり、元気に振舞っていました)

 

 

 

 

あと1時間半くらいて終わりという時にそれは起こりました。

 

ドクン!

 

と大量のものが溢れる感じが股であったのです。

この感じは生理2日目の1番量が多い時のやつ…

嫌な予感と同時に冷や汗が流れました。

 

 

 

…やばい気がする。

そう思いました。

 

 

今やっている作業をキリをつけてお手洗いに行きました。

祈るような気持ちで確認しましたが、

やはり予想通り大量の出血がありました。

おりものシートでは太刀打ちできないレベルでの鮮血での出血。

これは只事じゃない。

 

 

 

どうしよう…帰してもらおうか…

時間を見たら残りあと1時間。

最後はレジに入ることになっていたのでそんなに動き回ることはないし…

安静にしながら様子見…かな?

仕事終わり次第、予約してないけど病院に直行で!!

 

…今思えば最善の策ではない気がしますが、

周りに悟られずに事を済ますにはこれが最良の方法だと思ってその1時間を過ごしました。

 

 

退勤時間になったので店長に挨拶をして帰ろうとした時、店長から

「そういえば次の病院って金曜でしたっけ?」と聞かれました。

ただただ確認くらいのつもりだったと思いますが。

 

「金曜に予約してあったのですが…

…さっき大量に出血があったので、今から病院に行ってきます。何かあったらすぐ連絡します。」

 

そう言うのがいっぱいいっぱいでした。

店長も只事ではないというのを察した感じでした。

 

 

 

 

職場から10分もかからない距離に通っている病院があるので急いで向かいました。

受付で事情を説明していつも通り検尿と血圧、体重測定をしました。

検尿なんてあんまり出なくて、しかも血が多くて血を提出するような感じでした。

(汚い話ですみません)

いつもより血圧が若干下がり、心拍が上がっていました。

この今の嫌な感じをそのまま写しているようでした。

 

 

診察室に通され事情を説明。

 

すぐに診察台へ通されました。

その時は出血は少し落ち着いていたようです。

 

検査の結果、

「極微弱な心拍らしき物は確認できるけど、このまま流産になってしまうでしょう」

と、いったものでした。

 

 

あー…そうか。

やっぱりね。

 

 

不思議と冷静にそう思いました。

 

 

 

「流産ですがまだお腹の中にいるので出してやらないといけません。手術になります。

ちょうど金曜日に予約していたと思いますのでその日にしましょう。朝から来てください」

 

 

先生の言葉が理解出来るんだけど、

体の表面を滑って流れていってしまう様な変な感じ。

他人事の様な感じ。

 

 

 

 

 

 

「看護師の方から当日の事を詳しく話をしますので中待合でしばらくお待ちください」

 

 

 

看護師さんを待つ時間はとても長く感じました。実際長かったかもしれませんが。

 

中待合には夫婦で結果を聞きに来たり、お腹の大きな妊婦さんが順番を待っていたりしているので、

 

「今この人達にとって私の存在は毒だな。」

 

なんて思いながらボーッと呼ばれるのを待ちました。

 

個室に通されまずは血液採取。

 

 

 

そのあとは当日の流れなんかを説明してもらいました。

麻酔をして手術なので必ず送り迎えかタクシーで来てください。

顔色を見るので化粧、マニキュアをせず来院してください。

もしもの場合は開腹手術になります。

その時は救急車で他の病院に移って手術・入院になります。

 

 

…聞けば聞くほどなんかとんでもない事になっているという事に気づきました。

ナニコレ?コレ、ワタシノハナシ?

 

流産の絶望感よりも、事の大きさに驚いて

帰ったらまずどうしようか。

誰に連絡しよう…なんて、事務的な事を淡々と考えていました。

 

 

「あと、これは大事な事ですが

手術までに時間があるのでその間に万が一、塊が出てくる様なことがあれば拾っておいてください。そしてすぐに連絡ください。

夜中でも大丈夫です。担当の者がいますので、気にせず連絡してください。

何か心配な事があったらいつでも電話してきてください。」

 

 

 

……‼︎‼︎⁈

 

 

 

そうか…そんな事もあるのか…

ホント大ごとなんだな。。

 

 

その時も、

今週旦那は夜勤だし、水木は母が旅行に行くし…できれば家で出ちゃうのはやだなぁ。

息子も見ながらだしな…

最悪、義姉さんに頼むのか…?イヤ、そもそも流産の話もしないといけない…

あ、店長に連絡しなくちゃ。

でもまずはお母さんと旦那か…

 

 

 

なんて色々な事を考えていました。

いつまでも引きずってはいられない。

そんな感じ。

 

 

「最後に、母体にとって楽なのはやっぱり手術じゃなくて自然に出ちゃう事です。

不安かと思いますが、大丈夫ですので落ち着いてくださいね。

すぐに対応しますので連絡してください」

 

 

 

その看護師さんの言葉がとても頼りになる感じで、残念ではあったけど希望が見えた様なそんな気がしました。

 

 

 

 

 

長いので続く…